木ヶ津カナイの創作活動リンク集

木ヶ津カナイの創作活動リンク集

 

 

カナイのネット活動の中継地点地点です。

 

やっとの思いで作りました!!
人生初のオリジナルフリーゲーム
『I'm here.』
ニコニコゲームアツマールにて公開中!
処女作にして集大成!
少し休んだら他のフリーゲームサイトに
投稿したいと思っています。
がんばれ日本。

 

ニコニコゲームアツマールにて

フリーゲーム『I'm here.』

リンクです。

 

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm21551?link_in=others

 

 

 

木ヶ津カナイ - YouTube

ボイスロイドを使った動画を作成中。

できるだけはやく出すつもりです。 

 

 

 

イラスト関係

一番重要だけど一番自信がないものです(-_-;)

アニメ絵に見えるくらいまでうまくなりたいです。

pixiv

木ヶ津カナイ - pixiv

 

ニコニコ静画

木ヶ津カナイ さんのイラスト一覧 - ニコニコ静画 (イラスト)

 

 

 

ツイッターアカウント

 

@daichimiorosuAO

URL 

木ヶ津カナイ (@daichimiorosuAO) | Twitter

 

 

この記事は随時更新します。よろしくお願いいたします。

10/20の放送楽しかった!ついにコレコレvsコレリスwww

ここ数日、かなり気持ちが沈んでいた。コレコレの放送で、不審な電話が来て、それからしばらくほとんど音信不通だった。くわしいことはめんどくさいから書かない。

 

ちなみに話題のコレコレのこと書くけど、金目当てじゃないよ。アフィリエイトやってないし。資産一兆円あるから必要ないし。

 

4~5日くらい待ったかな?今日やっと配信があった。最悪、コレコレがすべての配信をやめるかも、と不安だったのでうれしかった。

 

正直、UUUMの圧力とか裏があるとかどうでもいい。かくしごとを全て話せる人間がいるわけない。総理大臣がすべて正直に本当のこと言ったら即刻大臣クビだろう。世の中そんなもんだ。そういうのを知らないキッズが多いんだな、と思った。俺にとってはいじめとか平気でするキッズのほうがよっぽど怖い。

 

権力に負けたか?というコメントがあったが逆に聞きたい。権力に勝てる人間が存在するか?

 

とにかく、今日の配信はかなり楽しかった。予想だにしなかったコレコレvsコレリス。コレコレの放送は予想の斜め上を行くから本当に面白い。

 

いつもは凸者の暴露をコレコレが追及するスタイルだが、今日は逆にコレコレがコレリスに追及される展開に。面白かった。

 

俺的、個人的にはコレコレが配信をやめず楽しく見れればそれでいい。話せないことがいっぱいある。保身が大事だ、とコレコレ自身も言っていたのに話を聞いてないリスナーが多いと思った。

 

名探偵コナンとか相棒の影響かな。エセ探偵が多い。コメントで珍探偵コナンとか書いた。少しは流行んないかな、と思ったがそんなことはなかった。俺にはセンスがないんよ。

 

今は気分が晴れた。数日間の不安のあとのせいで今日の配信は過去一の神回だった。におわせつつ、コレコレは最大限言うべきこと、言えることを言ったと思う。インサイダーの話でサイダーとかコーラとか完全にすっとぼけてるのが笑えた。

 

まあ、いろいろ察しなさいよ。世の中は綺麗ごとじゃない。いや、クソ汚い世の中だから、むしろ綺麗ごとが悪だ。 って終わり。

 

GooglePixel6が欲しくてauのpovoに入ってて機種変更に困ってる人への記事(まえがき)

タイトルのとおり、

Google pixel6が欲しくてauのpovoに入ってて機種変更に困ってる人への記事(まえがき)

 

念のためくりかえし書いてみた。俺が今この状態だ。

 

前振りで俺のスマホ履歴を。4~5年くらい前まで俺はiPhoneを使っていた。そのころはスマホと言えばiPhoneでしょ!って感じの風潮だったと思う。

 

で、数年前iPhoneからandroidに変えた。主な理由は俺がグーグルユーザーだからだ。

 

PCはWindows、ネットで使うのはグーグル、で、スマホiPhone。なんだかすべてがバラバラで気持ち悪い。この気持ちが分かる人はけっこう多いと思う。家電製品がバラバラだとなんか嫌だという感じ。なるべく同じメーカーでそろえたい。

 

Googlepixel6に変えたいのも似た理由だ。androidはグーグルのサービスをつかってるが、スマホ本体はエクスペリアのSONYサムスンやら京セラとか、メーカーが違う。

 

どうせなら本体もグーグルがいい。アップルのiPhoneを使いたいのと同じ理屈。

 

で、タイトルのとおり、

Google pixel6が欲しくてauのpovoに入ってて機種変更に困ってる人への記事(まえがき)

 

念のためくりかえし書いてみた。俺が今この状態だ。(超コピペ)

 

この状態だとかなり厄介だ。まずpovoに入っていると機種変更ができないという情報が過去にあった。で、auとpovoは微妙に違うらしい。機種変更など手続きはauオンラインショップのみらしい。

 

さらにGooglepixel6自体auで出るかわからないらしい。(この記事は2021/10/20の午前2:00前に書いている。もうGoogleから新しい情報が出てるだろうが、めんどくさいので訂正しないで続けていく。)

 

もしauからGooglepixel6がでないとなるとけっこうやっかいだ。SIMカードとかSIMフリーとか、なんとなくは知っているが正直よくわからない。

 

いろいろ調べた結果、SIMカードauで買って?本体はグーグル直営のオンラインショップで買えばいいのかな?っていう結論にはなったが、ネットの情報もあっちこっちバラバラで、イマイチ確信が持てない不安な状態だ。

 

一番いいのはこの後のGooglepixel6 の発表で、auでも発売される、povoでも問題なくオンラインショップで機種変更できる、が理想だが。

 

その場合、タイトルに(まえがき)と書いたが、本文は必要なさそうだ。もしめんどくさいことになったら細かく機種変更のやり方を書こうと思う。自分のための覚書と情報共有ってやつだ。

 

しかし菅首相の置き土産でスマホ代が安くなったのはいいが、めんどくさくなったねー('A`)。なんだかんだ新しいスマホは楽しみだが。終わり。

 

オタ活を始めてくだらない人生が楽しくなった話。

金のために動くことが嫌いだ。働く、じゃないよ。動く。損得勘定で生きるというのはクソつまらんもんだ。

 

って、そんなたいそうな話じゃないんだけどね。結局ブログのタイトル、じんせーたのしけりゃいいのよ、という俺にとっての人生の結論を再確認しただけ。

 

俺にとって人生はつらいものだった。がんばらなければいけないものだった。でも、楽しけりゃいいのよ。遊んでりゃいいのよ。資産も十五億円あるし。

 

オタ活というものにハマってる。オタク活動。あんまり具体的なこと、萌え~的なことを言うのはキャラじゃないので言わない。ちなみに萌え、という言葉ももはや死語らしい。今時の言い方は調べたがよくわからんかった。

 

以前の俺は斜に構えた、自称インテリくずれだった。ひろゆきを思い浮かべればイメージしやすいと思う。今は頭がいいということ自体くだらないことだと思う。バカなほうが楽しいのよ。人をバカにするより。斜に構えてるのは今も変わらんか。

 

皮肉なことにというか、不思議なことに、楽しくオタ活したほうが、パソコン関係のスキルがあがる。このまま楽しく過ごせれば、逆にPC関係のさまざまなことができるようになると思う。

 

VTuberなどをここ一か月以上見てると、男は力が強いだけで実は弱いんじゃないかと感じる。女のほうが強い。一概には言えないが、うちのかーちゃんもそうだった。最近は力が強いほうが精神が弱くなるとまで考え始めて、運動も散歩くらいでほとんどしてない。ま、個人の思想よ。

 

VTuberの女の子は若いのに立派なことを言ったりする。見た目じゃねーな、人間。男のVTuberにはこれっぽっちも興味がない。

 

VTuberについてはそのうちくわしく勝手に書くと思う。しばらくしたら俺のオタク気質も悪化してるだろうからほっといても書くだろう。

 

オタ活というと金がかかるように思っていたが、今のところそんなにかかってない。ここ一か月で10000円ちょっとしかかかってない。いい時代になったもんだ。今後かなり散財するつもりだが。資産十三億あるし。

 

まあ、世間に文句言ったり、知人の悪口言ってるくらいなら、楽しいことみつけて楽しんだ方がいいよ、という話。

 

下手な正義感を今さらだれが喜ぶと言うの?

 

アニメ(3D)よりアニメ(2D)に魅力を感じるのはやっぱり年齢のせいだろうか。

子供のころ、絵が動くアニメというものは魔法のようだと思っていた。

 

幼稚園くらいのころの記憶なんてほとんどないが、自分が書くラクガキはもちろん動かない。しかしテレビで見るアニメの絵は生きているように動く。そこに不思議な魅力を感じていたのかもしれない。

 

この感覚は現代(2021)の子供にはないものかもしれない。今はゲームとか動画でも、3Dのキャラたちがなめらかに動く。3Dのほうが魅力的かもしれない。

 

最近ではアニメにくわしくない人は3Dアニメでも2D(絵が動く)アニメとかん違いする人も多いらしい。俺自身もパッと見3Dが2Dアニメと見間違うことが多くなった。基本パラパラ漫画の2Dとは動きが違うので気づくが。

 

俺にとっては、今はセル画からデジタルの時代になったが、2Dアニメにやはり魅了される。良質なアニメに限定されるが、まだ3Dでは2Dの細かな表情の変化などは再現できてないように見える。

 

次にやるドラゴンボールの映画は3Dになってしまうようだ。古参の俺にとってはとても残念だ。もともと見る気はなかったがさらに落ちた。

 

ちなみにドラゴンボールに出てくる敵キャラのセルの名前は、セミから取ったと言われているが、正確にはアニメに魅力を感じた鳥山明がアニメ制作のセル画から名付けたものである。と、今テキトーな大噓を思いついた。ウソだからね。ウソ

 

 

で、最後に本題。今後さらに3Dの技術が発展したら、2Dの時代が終わり、完全に3Dアニメになってしまうんじゃないかと。

 

一枚一枚絵を描いて動かすのは大変だからね。アニメ制作現場のことは知らないが、2Dも技術発達で少しは楽になったかもしれないけど、それでも大変だ。

 

3Dアニメが2Dの動きを再現できたらだいぶ楽になると思う。今の技術でもがんばればできる気がするが。

 

そんなことを思ったのも俺も最近MMD(ミクミクダンス)というソフトでツイッターに3Dモデルの一枚絵を投稿したからだ。超クソヒマで物好きな人は探して見れば?ここに貼るのはなんとなく恥ずかしい。これからも出していく気がする。

 

もちろん3Dモデル自体は借り物で到底俺には作れないが。表情やカメラ視点などを調整すれば手描きのイラストとほぼ変わらないものができてビックリした。

 

とは言えしばらくは2Dアニメが廃れることはないかな、と思う。ヴァイオレットエヴァーガーデンのような美しい絵はまだ3Dでは表現できないのではないかと。

 

て、たかだか一介のアニメオタクが語ってすまんね。技術者じゃないからこの文章中まちがったことを言っているのが多々あるかと思う。あ、他に書きたいことあったけどまた今度ということで。終わり。すまんね。

 

パブリック(公共の場)とプライベートをごっちゃにするバカが多い、という話。

「芸能人の○○ってムカつかない?」「それ私も思う!ぶっとばしたくなる!」

 

日常会話でこのくらいの悪口は言う人もいるんじゃないだろうか。

 

ほめられたことじゃないが、このくらいならまあ、いいんじゃないかと思う。日常会話なら

 

人間、つーか日本人か?昨今、公共の場とプライベートの区別がつかないアホウが多いようだ。察しのとおり、インターネットの誹謗中傷の話だ。

 

プライベートでの悪口は基本的にOKだろう。というか止めようがないし。で、インターネットってのは基本的に公共の場だ。そこで言いたいことを言い放題というのは絶対に許されない。こどもでもわかる当たり前のことすぎて自分で頭が痛いが。わからないアホウが多いらしく。

 

昔は性格の悪いやつの収容所、2ちゃんねるというちょうどいい軟禁場所があったが、最近はツイッターなど、アホウの活動場所があちこちに散らばったようだ。

 

なんか言論規制をすると、我々の言論の自由を奪うな!的なことを言うアホウもいるようだが、ツイッターツイッター社が営利でやっている場所だ。ツイッター社が言論の自由を守る義務はない。自由を吐きちがえてる。

 

ツイッターで有名人の悪口を言えば、その本人が見る可能性もある。

 

 

あ、ダメだ。この話題、色々ダメだ。せっかくここまで書いたから載せるけど、ダメだ。

 

まあ結論だけ言うと、インターネットは言いたいことを言っていい場所じゃないんだよ、と当たり前のことを言う。ほら、やっぱダメだ。

 

もっと楽しいことを書きたいですね。

 

アクセス数伸ばしたいなら俺のブログは悪い見本、の話。

ちょっと俺のブログ見てくれてる人いる!あり!

 

ということで、ブログのアクセス数の話。

 

2021/10でのブロガー事情ってのはまるっきり分からんが、アフィリエイトでもうかるんか?資産100億円の俺にとってはどうでもいいが、アクセス数を稼ぎたいなら、俺のようなやり方は悪いやり方、無理だよん、ということ。

 

俺はその日書きたいことを書きたいように書いてる。これで毎日見たいという人はほぼいないだろう。有名人、芸能人のブログなら別だが。これらもツイッターに行ってる気がするなあ。短文でいいから楽だしね。

 

俺はブログに疎いけど、まだ稼げると仮定すると、ブログのテーマ、内容はひとつに絞るべきだと思う。ひとつがキツければ2、3個まで。

 

どのコンテンツでもだいたい的を絞って、見込み客を想定してやってると思う。何でもありのように見えるテレビのガキの使いも、ある意味お笑いカテゴリの中でやっている。最近見てないけど。

 

ネコちゃんブログ、アニメ感想ブログ、芸能人誰々ファンブログ、逆にゴシップなど。見る人のことを考えると好き勝手書いてたら固定客は来ないだろう。

 

まあどのみち今からブログで稼ぐというのはユーチューバーより厳しいかと思う。何のサービスでもまだ人が少ない時から始めるといいらしい。俺なら新しいサービスのアンテナを張り、人気が出そうな物を探して流行先取りする。

 

個人的にはVRがいずれ来るかな、と思ってる。でもあれはオタクなマニアックなところがまだあるしね。金もかかるし。実際やってみないと魅力がわからないのも痛い。VRチャットなどはすごくキレイな場所があったり魅力的なんだけどね。はやくナーヴギアでないかなあ。

 

話の着地点が見つからない。まあ、物事はやりようで自分の頭を使おうという話。オセロは適当にやったら絶対に勝てない。終わり。

 

永遠と延々、誤用と断じるにはむずかしい、日本語の深みの話。

永遠と上司のグチが続く。

延々と上司のグチが続く。

 

どっちが正しい日本語かは、義務教育をちゃんと勉強していた人なら瞭然だろう。

 

俺も上司のグチが永遠に続いたら恐ろしいわ、とこの誤用について呆れながらイキッてたが、このことはそんな単純な話じゃない、と最近思う。

 

そんなのが誤用だなんてわかってるわ。わかっている上であえて使ってるの!と言いたい感じで、堂々と使っている節がある人たちもいる。要は上司のグチが永遠に続くように感じるほどに長い、という比喩。例え。

 

もちろん中学生キッズがホントに誤用している場合もあるだろう。そういうキッズは受験勉強が心配だからしっかり学校の授業聞きなさい、って感じだが。

 

俺も学歴が低いので偉そうには言えないが、この延々永遠とわざと使う場合、なかなか日本語の奥深さが見えるような気がする。

 

延々と永遠、俺も小学生の時はごちゃまぜにして使っていた気がする。記憶はないが。高校受験の時は確実に✖ペケになるので、誤用には気を付けるべきだが、SNSなどネットの世界ならアリっちゃアリ、になる。

 

この二つは似ているようで全く違う、でも一緒にしてしまっても意味は通じてしまう、日本語のあいまいさがよく出ている単語だと思う。たぶん作った人は相当性格が悪い。

 

YouTube動画であいつの話永遠に続くのよ、的なことを話したりしてるときがあるが、その人は頭が悪い(学校の成績が悪いという意味)でもなさそうな感じ。

 

その時思った。これはあれか?俗にいう若者言葉というやつで、延々永遠はもしかしてファッション的なモノなのか?と察しの悪い俺も思った。俺もじじいになった。

 

ファッションならしょうがない。本当の意味で誤用してなければ、俺も風紀委員でも学校の先生でもないから別にいいんじゃね?と思い直した。

 

でも、このせいで受験に失敗する可能性もマジであるので、学校のテストだけでは気を付けようね、といらぬお世話を言って終わり。

 

コレコレの本「告発」買ったった!興味あれば読めばあ?

はい、読書感想文。久しぶりに本を買った。今年に入ってからハマっているコレコレの本、告発

 

この本は読む人の知識によって面白さがだいぶ違うんじゃないかと思う。いくつかに分類してみる。

 

・コレコレのファン、信者(コレリス)でネットやSNSにもかなり詳しい人

こういう人は逆にあまり楽しめないと思う。コレコレの動画を見ていればだいたい知っている有名なエピソードが多いし、数が多い分その密度もうすい。SNS情報もくわしい人にとってはおそらく既知のものが多いと思う。

 

・コレコレのファンだが、SNSなどにはそんなに詳しくない人

俺がこの部類なんだが、けっこう楽しく読めた。俺は友達がいないので(ここ笑うとこ)、SNSについてあまり知らなかったので変わった知識が入ったところが面白かった。コレコレの動画についてのもっと裏話が聞けたらよかったな、と思った。

 

・コレコレに興味があるがよく知らない、SNSもたしなむ程度

この部類の人が一番楽しめると思う。コレコレを知らない人にとっては、かなり刺激的な内容だと思う。もっと知りたいと思ったら、YouTubeでコレコレ検索だ。

 

・もうインターネットとかもうようわからんわ('A`)な人

ウチの親父がそうで、読ませてみたがチンプンカンプンらしい。ネット用語が満載なのでそりゃそうだ。まあこういう人はそもそも買おうと思わんか。

 

で、感想文を書いていこうと思ったが、↑↑↑の文章で、販促、宣伝には十分かなと思った。まあ、基本コレコレに興味がある人は買いかな、と思う。

 

とりあえず、コレコレの一人称が私だったのがけっこうな違和感だった。でも、真面目な話の時に僕や俺、というのも説得力がないのでしょうがないかな、と。なんかいい日本語はないものか。

 

あと、本の最後のほうにひろゆきとの対談があったが、正直不快であまりちゃんと読んでない。基本コレコレの意見をひろゆきが否定していく感じだったと思う。俺の中でひろゆきの印象の上下がはげしいんだが、今現在はかなり下だ。最近は単純に面白くない。いずれまた興味を持つと思うが。

 

当たり前だがエンターテイメントは面白いから見る。ひろゆきも今はエンタメとして楽しくないから見ない。ファンだったが信者ではない。

 

同じようにコレコレもエンターテイメントとして楽しんでいる。もし今後楽しくなくなったら見なくなるだろう。某大御所お笑い芸人のひとしのように。

 

まあコレコレもまだ32歳で枯れるにははやすぎる。これからさらに飛躍する可能性もかなりある。あらたな変化球を編み出さないかと期待してる。

 

こんな感じかな。もうちょっと書いとくと、おもにネット犯罪、ネットいじめ、ネット詐欺について書いてある本だ。ネットが当たり前にある現代社会、自衛のためにも読んでおいて損はないと思う。

 

俺もほめるときは褒めるんよ。けなすときはけなすけど。終わり。

 

俺は性格が悪いのでドラゴンボール超の悪口を言う。

ちょっとすぐ前に悪口は言わんほうがいいよ、といいこと言ってた気がするが、悪口言う。俺は性格が悪いからだ。ついでにウソつきだ。

 

ドラゴンボールが大好きだ。ドラゴンボールZもまあまあ好きだ。ドラゴンボールGTもギリギリ許せる。でもドラゴンボール超、てめーはダメだ。絶対に。

 

いつの間にかドラゴンボールもいろいろ種類が出てしまった。マンガ、アニメはもちろん、カードゲームやテレビゲームなど。よく知らん人にはもうわけわからんだろう。

 

俺にとって基本ドラゴンボールは1990年代までやっていたマンガ版だけだ。魔人ブウ編までね。それ以外は亜種。そして超だけはまがい物の公式同人誌と思っている。

 

たぶんほとんどの人が知らんと思うけど、ドラゴンボール超ってアニメ終わった後の今もマンガで続いている。作画は鳥山明じゃなくて似てるだけのとよたろう。

 

で、今アニメオリジナルのようなクソつまらん話をやっている。アニメの力の大会のあとのモロ編、グラノラ編。

 

悪いとは思いつつネットのネタバレで見ている。こんなもんに金を払いたくない。もちろんほぼ興味ないので思い出した時に。

 

モロ編なんて舐めプしないで最初から全力でかめはめ波でもぶっぱなしてればすぐ終わる話だった。ベジータの最低な言葉、「俺たちは何度同じミスをすれば気が済むんだ。」ギャグにしてもまったく笑えねえ。

 

あともうひとつ許せない所がある。とよたろうとかいう鳥山明のまがい物が悟空の胸を貫くシーンを描いたのが二度ほどあったことだ。鳥山明以外が悟空を虐するのはなんか許せん。しかもそれが無意味ですぐに回復する。

 

最近BSで超の再放送をやっているが、フリーザ復活編でもう嫌になって視聴をやめた。ファンの間でよく言われている理由で。

 

パワーバランスがもうめちゃくちゃ。フリーザが本気で修行したらめちゃ強くなる、はまあギリ。でもその部下のタゴマがピッコロさんより強くなるとかはもう無理。ムリがありすぎる。ピッコロさんどんだけ強さの上限低いんよ。

 

亀仙人の強さもひどいよね。フリーザの部下楽に倒せるくらいならサイヤ人ナッパと戦ってやれよ。と、ファンにとっては退屈ないつものグチ。

 

かなり濃いファンなら超よりはるかに面白い同人誌が描けると思う。少なくとも消滅した未来トランクスの世界をスーパードラゴンボールで復活させるという最低限のフォローはするだろう。なんのためのドラゴンボールだよ。

 

 

マンガで誰々が強いとかくだらねえ、と某ひろゆきが言っていたが、俺の持論だと、マンガの強さには説得力が大事だと思っている。物語の過程で、矛盾のない、少ない強さのバランスにカタルシスを感じる。ひろゆきが言うほど簡単じゃねえ。

 

原作ドラゴンボールはそのパワーバランスが抜群だった。魔人ブウ編くらいになると、さすがに???なところも増えてきたので、あそこで連載が終わったのは正解だったと思う。超を見るとそうだったんだろう。

 

ドラゴンボールGTも当時はひどいと思っていたが、ドラゴンボール超がそれを下回るひどさになるとは思わなかった。これでもアニメ化前はすごく期待してたんだ。それももうだいぶ前か。

 

昔の人気マンガが復活するとなぜか大抵ひどくなる。るろうに剣心もいつの間にか見なくなってた。大好きなのに。作者の過去の情熱が冷めるせいじゃないかと、個人的に思う。

 

と、なんとなくあえて悪口を書いてみた。ブログってのは自由なのが存在意義だと思った。言いたいことも言えないこんなナントカカントカ。

 

これからも好きなことを勝手に書いていこうと思う。てきとーに。