YouTube、スパチャを送る意義と意味。俺は充分にあると思うね。

生放送の配信者に送れるスーパーチャット、賛否両論あると思うが俺は素晴らしい機能だと思う。

 

自分のハンドルネームをファンの配信者に読んでもらえる、自分の送ったメッセージ(ファンレター)も金額とタイミングが合えば読んでもらえる。

 

視聴者にとってはメリットはこれくらいだが、隠された最大のメリットがある。賢明な人ならすでに知っているだろうが。

 

配信者に直接活動資金(またはおこづかい)の一部に使ってもらえる。これはファンじゃなければ理解できない理屈だと思うが、個人的には一番の最大のメリットだ。自分の金が応援する人の助けになる。これほどうれしいことはない。

 

配信者のグッズや本などを買うのももちろん一助になるが、個人的にはグッズを買うお金を自分の文章を読まれるために使いたい。個人的な価値観。理解できん?別にいい。

 

でもね、一番困った問題がある。自分のスパチャ額が、何パーセント配信者の利益になるか

 

ざっくりググったところ、70%が配信者の利益になるらしい。30%はYoutubeの収入。

 

さらに暗黒なところで、みんなが大嫌いな税金、消費税というものがある。スパチャの明細を見ると、きっかり消費税10%分引かれている。邪悪な税金もたいがいにしろ💢💢💢

 

まあ、具体例を挙げると、10000円のスパチャ(赤スパ)を送ると、ザックリ6000円分くらいしか配信者には届かないわけだ。半分近くごっそり持ってかれる。なんか江戸時代の年貢米を思い出す。っていうか同じか。

 

で、企業に入っている配信者だと、さらに企業にお金が行くだろう。そこは知る由もないからあんまり言わんが。企業がうまく使ってくれるのを願う。

 

 

まあ、スパチャについて俺の価値観を書きたかっただけだが、あえて教訓めいたことを言うと、スパチャに限らず、世の中の金の流れをくわしく知るってのも大人ならけっこう、かなり大事なことよ、ってとこかな。

 

賢く、税金とかどこに金が行くかとか知らないと、知らない間に大損こいてるかもよ、って話。   あー、日本なぐりてえ。 終わり。